Uber Eats(ウーバイーツ)車で配達できる?【これ見ればOK】

Uber Eats(ウーバイーツ)は、コロナ過の影響もあり最近何かと注目を集めているフードデリバリーサービスです。

飲食店の料理を配達する配達パートナーは、自転車やバイクを配達手段にしていることは一般的なイメージにありますが、条件などを満たせば車を使って配達することができます。

ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の基本情報や特徴などから、

  • Uber Eatsで車での配達方法
  • 車で配達することでのメリット・デメリット

これらのことを中心に詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で車の配達はOK?

Uber Eatsで配達パートナーをする際は、基本的には自転車もしくは125㏄以下の原付バイクが配達手段となりますが、条件を満たせば車での配達も可能です。

軽貨物車でも配達可能

軽貨物車とはその名の通り、貨物用の軽自動車のことで、営業ナンバー付きの軽トラック、軽バンなどがそれにあたります。

Uber Eats公式においても、配達パートナーが使える車両は、以下のように掲載されています。

配達パートナーが使える車両
  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下)
  • 営業ナンバー付きの軽貨物またはバイク(125cc超)

このように記載されており、営業ナンバー付きであれば軽自動車だけでなく大きめのバイクでも配達することできます。

ですが、表にもあるように、あくまでも営業ナンバー付きに限るため、プライベートで普段から使っているような軽自動車や125㏄越えのバイクは配達で使えないので、注意が必要です。

また、いくら条件を満たした車両を持っているとはいえ、例えば、自転車や原付バイクで配達パートナー登録を行い、車で配達を行うという行為は違法行為となってしまいます。

ですので、配達手段として軽自動車や125㏄越えのバイクを使う際は、必ず車両登録を行ってから使用するようにしましょう。

軽自動車を利用する際の注意点
  • 営業ナンバー付きであること
  • 軽自動車であること
  • 自家用車は禁止
  • 必ず車両登録を行う

Uber Eats配達パートナーで車を使用する際は、これらのことに注意をしましょう。

営業ナンバー付き軽貨物車とは?

Uber Eats配達パートナーで車を使用するためには、「営業ナンバー付き軽貨物車」であることが基本的な条件ですが、普段から仕事で軽自動車を使わない限り、一般的にはあまり馴染みがありません。

ですが、営業ナンバーは正しい手順や申請をすることで取得することできるので、配達パートナーの配達手段で軽自動車を検討されている方は、登録手続きを事前に知っておきましょう。

営業ナンバーを取得する方法

営業ナンバーを取得するには、「その車が軽貨物車に相応しいか」「どこで申請をするのか」これら2点がポイントになります。

車両の条件
  • 一定の荷台用のスペース
  • 作業用の開口長

これらの条件がありますが、ボックスタイプの軽自動車をイメージすればわかりやすいです。

取得場所
  • 運輸支局ならび軽自動車検査協会
  • 車両の車検証の記載を変更

取得場所と手続きはこのようになっており、一般的には管轄(地元)の運輸支局(陸運局)にて手続きを行います。

また、登録の際には2000円の費用が必要になります。

  • 運転免許証
  • 登録する軽貨物車両
  • 車検証
  • 届出書類

これらの書類が必要なものとなり、届出書類は手続き窓口か、公式サイトから入手することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で車の配達はOK?
  • 条件を満たせば軽自動車及び125㏄越えのバイクの使用ができる
  • 営業ナンバー付きであることが絶対条件

Uber Eats(ウーバーイーツ)で車で配達するメリット

Uber Eats配達パートナーは基本的に自転車もしくは125㏄以下の原付バイクが配達手段となりますが、あえて車を使うことにもメリットがいくつかあります。

  • 天候や気候に影響されにくい
  • シーズンに関係なく快適な環境で配達できる
  • 長距離配達に有利
  • 体への負担が少ない

これらのことがメリットにあります。

一番のメリットは天候や気候の影響を受けにくいという点で、バイクや自転車の場合は雨や雪、風の影響が大きいですが、車の場合は運転に注意をしておけばほとんど影響がありません。

また、車内は冷暖房も完備されているので、気候やシーズンによる影響も受けにくく、快適に配達できます。

荷物も荷台に積むことができるため、バイクや自転車のように専用のバックを体で背負う必要もないので、体への負担も少なくすみます。

また、地方によっては配達距離が長い、配達先と配達先の区間が長いなどのケースもあるため、移動距離がかかる配達でも効果的です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で車で配達するデメリット

メリットが多いように思える車での配達ですが、場所や配達需要によっては車であることが逆にデメリットになるケースもあります。

  • オフィス街や住宅街などの密集地では不向き
  • 駐車スペースを確保する必要がある
  • 自転車やバイクよりも経費がかかる

これらのことがデメリットとしてあります。

Uber Eatsはサービスの性質上オフィス街や住宅街などの配達需要が高いため、これらのエリアでの場合は車での配達は非効率で不利となります。

また、車の場合は配達ごとに駐車スペースを確保する必要があるため、配達の効率化を考えた際はこのこともデメリットになります。

また、ガソリン費用や車検費用など車の維持費も必要になるため、バイクや自転車に比べ経費がかかることもデメリットになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で車で配達するのとバイクで配達するの、どちらが稼ぎやすい?

「車で配達するのとバイクで配達するのではどちらが稼ぎやすい?」かは、結論からいってエリアによって違いあるとしかいいようがありません。

Uber Eats配達パートナーは、一般的なアルバイトや会社員とは違い、個人事業主としてUber Eatsから配達の仕事を受け、1件あたりの配達単価を積みかさねて収入を得ます。

そのため、いかに配達件数を増やすかが高額報酬へのポイントとなるため、配達をいかに効率よく行うかが重要です。

ここで紹介した車での配達や、一般的によく使われるバイクや自転車、これらの配達手段も、配達を効率よく行う大きなポイントになりますが、「車で配達するのとバイク・自転車で配達するではどちらが稼ぎやすい?」と考えた場合は、そのエリアの立地や需要といったエリアの特徴が大きなポイントになります。

例えば、地方のエリアで雪がよく降る、または、1件あたりの配達距離が長いケースなどの場合は、車での配達は有利ですが、オフィス街や住宅街などの密集エリアでは、小回りが利くバイクや自転車の方が配達件数を増やしやすいです。

ですので、配達手段を選ぶ際は、便利さや快適さだけで考えるのではなく、そのエリアの需要や立地などの特徴を、ある程度事前に把握しておき、それに適した手段で配達することが大事です。

まとめ

ここでは、ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の基本情報や特徴などから、Uber Eatsで車での配達方法や車で配達することでのメリット・デメリット、これらのことを中心に詳しく解説しました。

車かバイク・自転車、どちらの方が稼げるかは、結論からいってエリアによって大きく違いがあり、より多く稼ぐためには、エリアの特徴を知っておくことが何よりも大事であることがわかりました。

ですが、車の場合は、バイクや自転車よりも経費が多く必要となるため、配達の効率化に加え、しっかりと経費を計算し、利益を出すことにも注視することが大事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です