Uber Eats(ウーバイーツ)登録できない人の解決策【これ見れば解決】

Uber Eats(ウーバイーツ)は、コロナ過の影響もあり最近大きな注目を集めているフードデリバリーサービスです。

飲食店の料理を自宅で堪能できるサービスとして、利用者が増加傾向にありますが、料理の宅配を担う配達パートナーも新たなワークスタイルとしても注目されています。

配達パートナーとして仕事をするためには、Uber Eatsに登録する必要がるのですが、手順の不備やシステム上の不備などから、Uber Eatsへ登録できない人が続出しているという話もききます。

ここでは、システムの基本情報や登録できない人の傾向などから、

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)登録の手順
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)が登録できない人の原因と対策

これらのことについて詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が登録できない人続出

Uber Eatsで配達パートナーとして仕事をするためには、まずは、Uber Eatsで配達パートナーの登録を行う必要があります。

ですが、最近になってその登録ができないといった事例が続出しているそうです。

Uber Eats配達パートナーの登録手順

原因や対策を知る前に、まずはUber Eats配達パートナーの登録手順をしっかりと理解しておくことが大事です。

また不備を解消するためにも、手順のどの項目で不備があるかのかもわかりやすくなるため、やはり手順を理解しておくことは大事です。

Uber Eats配達パートナーの業務管理は、基本的にアプリやWEBで行い、配達パートナーの登録も、Uber Eats公式サイトで登録をします。

登録手順
  • アカウントの作成
  • 配達車両の選択
  • 必要書類のアップロード
  • アプリのダウンロード
  • パートナーセンターにて本登録

大まかな手順としてはこのようになります。

アカウントの作成

配達パートナー個人の情報となるアカウントを作成します。

アカウントの作成には、以下の6つの情報を登録します。

必要な情報
  • メールアドレス
  • 名前
  • 電話番号
  • パスワード
  • 都市
  • 招待コード

一般的なアカウント情報と同様に、ここでは、名前や電話番号、メールアドレス、また活動する都市などを登録します。

業務上アプリを使うことが多くなるため、ここでのメールアドレスは常日頃から使っているアドレスがおすすめです。

招待コードは登録することで、仕事をする際に何かと特典がつくことがあるため、コードの登録もおすすめです。

招待コードは、すでに配達パートナーとして働いる人に貰うか、ネット上で検索しても入手することができます。

都市に関しては、住んでいるエリアや活動する都市を選びますが、配達パートナーの配達単価はエリアによっても異なるので、可能であれば単価で選ぶのもありです。

配達車両の選択

Uber Eats配達パートナーは、配達する手段として、自転車やバイクを決め、それをあらかじめ登録しておく必要があります。

条件などを満たせば、軽自動車や125㏄以上のバイクでも配達することは可能ですが、基本は自転車か、120㏄以下の原付バイクになります。

アカウント登録後に、「配達する車両を選択する」画面へ移行するので、ここで自転車か原付バイクの選択をしましょう。

必要書類のアップロード

配達車両の選択後は、必要書類のアップロード画面に移行します。

必要となる書類には以下のものがあります。

必要となる書類
  • プルフィール写真
  • 運転免許証
  • 自動車自賠責任保険
  • 原付登録プレート写真

これらの書類や写真が必要になります。

自転車での配達の場合は、身分証明書、プロフィール写真の2点でいいのですが、原付バイクでの配達の場合は、運転免許証、使用する車両の自動車損害賠償責任保険証明書、使用する車両のナンバープレートの写真、これらのものが必要です。

プロフィール写真は、正面を向き、顔の位置が画面中央になるようにし、肩より上の顔全体を撮影しましょう。

ナンバープレートは、写真が不鮮明でなく、細部まではっきりとわかるように、全体をしっかりと撮影しましょう。

アプリのダウンロード

上記の登録が終われば、次にUber Eatsの配達アプリをダウンロードします。

アプリは、配達の依頼や、配達ルートのマッピングなどにも使用し、業務上どうしても必要になるので、必ずダウンロードしましょう。

配達アプリは、iPhone、Androidどちらに対応しているので、それぞれのストアからダウンロードしましょう。

アプリの起動後は、登録したメールアドレスとパスワードの入力を求められるので、登録した情報を入力してください。

その後、利用規約を確認し「同意する」を選択すれば完了となります。

因みに登録後は、身分証明書、写真などの承認に最大二週間ほどの日数が必要です。

パートナーセンターにて本登録

登録後に承認が完了すれば、Uber Eatsから連絡が届き、その後パートナーセンターへ本登録をしに行きます。

パートナーセンターはネット上や公式から調べることができるので、対象となるパートナーセンターへ行きましょう。

パートナーセンターでは以下のような手続き経て本登録をします。

本登録の手続き
  • 電話番号と名前を伝える
  • 仕事に必要な書類を渡さるのでそれを確認
  • 報酬受取用の口座を登録
  • アプリや報酬など、配達パートナーの説明を受ける

仕事に必要な書類とは、サポート行動指針、配達パートナーガイド、アンケート用のタブレット、これらのものが渡されます。

また、この時に1対1で業務上の説明が行われるため、不明な点や不安がある際などは、遠慮なく問い合わせを行いましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が登録できない人の原因と対策

ここからは、上記までの情報を踏まえて、Uber Eatsが登録できない人の原因と対策を見ていきます。

登録ができないとされる主な原因と対策

登録ができない主な原因としては、以下のようなことがよくあります。

主な原因
  • SMSが届かない
  • アプリのダウンロードができない
  • 口座登録での不備
  • 承認の不備

これらのことが主な原因として考えられます。

SMSが届かない

Uber Eatsの登録ではさまざまな局面でSMS認証する場面が出てきます。

そのため、SMSが届かないことには登録を進めることができません。

考えられる原因としては、電話番号を間違えて入力しているというケースが圧倒的に多く、間違えが多い理由としては、国番号が入っていることにあります。

例えば、日本の国番号は「+81」ですが、これを電話番号に反映させると、例えば「090-8888-9999」の場合「+8190-8888-9999」となります。

普段とは違う電話番号の表記となるので、これが間違いを生む大きな要因となります。

ですので、SMSが届かない場合は、まずは電話番号が間違っていないかを確認しましょう。

アプリのダウンロードができない

上記でもあったように、Uber Eatsの登録では書類承認をアプリを通じて行います。

そのため、アプリをダウンロードし、登録完了をしないことには書類承認が行われないため、サポートセンターでの本登録を行うことができません。

アプリがダウンロードできない場合は、スマホのOSが古い、上記でもるようなSMSに不備があるなどが原因としてあるため、スマホの場合はOSバージョンの確認、SMSの場合はSMS受信拒否の設定、これらのことを確認しましょう。

承認の不備

アプリ登録完了後の書類等の承認に不備が発生した場合も、本登録を行えないため手続きを進めることができません。

基本的に、身分証明書などの承認には1~3日ほどの日数が必要となり、最大で二週間ほどかかるケースもあります。

書類の承認状況は、アプリから確認することができるので、アプリ内の「アカウント」→「書類」から、現在の承認状況を確認しましょう。

まとめ

ここまで、Uber Eatsのシステムの基本情報や登録できない人の傾向などから、Uber Eats登録の手順やUber Eatsが登録できない人の原因と対策など、これらのことを中心に詳しく解説してきました。

基本的には、正しい登録手順を経て登録を行えば、スムーズに登録完了することができますが、ポイントポイントで不備が発生してしまうと、手続きが止まってしまい登録できない状況になってしまいます。

基本的にはガイダンスに従って登録を行いますが、それでも不備が発生した場合、上記で紹介したような原因や対策を踏まえ、正しい処置を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です